社員研修を外注するときのポイント

企業にとって人材育成は大切なポイントとなり、そのために社員研修を行うというところは少なくありません。
でも研修担当者にとっては簡単なことではく、必要な研修内容や社内研修にすべきか社外研修にすべきかといったことが疑問に浮かんでくることもしばしばあります。
ですから、社員研修の多くを外注しているという企業は珍しくないです。
研修会社の多くは中小企業で、大手会社は数社程度となっています。
やはり大手は自社研修によって全社員に満遍なくスキルが行き渡っている傾向にあり、提供するサービスは研修だけに留まりません。
一方の中小は研修に絞ったサービスを提供していることが多く、それだけに研修内容の変更など柔軟な対応が期待できます。
大手にしても中小にしても、それぞれに得意分野は持っているものなので、研修内容の希望がある場合は過去の案件を調べてみるといいでしょう。
反対に一から相談したい場合は実績の豊富な研修会社を探すのも有効です。